Staff Education Systems presents
Produced by e-study.com


| Home | Dentist | Staff | Smile | PDF | GoodLuck | e-mail |


           
  ダイバート・緊急着陸と、空港の門限
  • 第1話でお話したように、目的地の空港に何らかの理由で安全に着陸できない場合は、他の近くの空港にダイバート・緊急着陸します。
     
  • 今回のケースでは札幌新千歳空港に給油のため向かいましたが、もしキムタクの言う様にギリギリまで成田をトライしてどうしても無理で、結局札幌に向かう場合でも、燃料を使い切るのではなく、札幌が何らかの理由で着陸できない時を想定して、予備燃料を残して置かなければいけないのです。
     
  • 機長は常に最悪の事態に対応できるよう準備しておかなければなりません。
     
  • 現在関西国際空港以外の全ての日本国内の空港には、騒音対策の名目で門限があり、緊急着陸以外は一定の時間を過ぎると離着陸できません。また門限を過ぎると緊急で着陸した航空機であっても門限を越えての出発は出来ないのです
     
  • したがって、今回のようにギリギリまで成田を狙って最終的に札幌に行ったとしても、着陸は出来ても給油後にもう一度成田に飛び立つ事が出来なくなる可能性もあるのです。
     
  • 現在、関西国際空港は成田についで第二の国際空港だけではなく、上記のように門限の無い空港、と言うことで、非常時の代替空港として選ばれているようです。