Staff Education Systems presents
Produced by e-study.com


| Home | Dentist | Staff | Smile | PDF | GoodLuck | e-mail |


           
  コックピットクルーの“
  • : 今回のキムタクのように身体に何らかの障害を抱えてしまったパイロットはもう二度と操縦桿は握れないように、パイロットであり続けるためには、6ヶ月ごとの第一種航空身体検査をパスしなければならないのです。
     
  • : 技能面でもやはり同じように6ヶ月ごとの技能審査があり、これをシックスマンスチェックと呼んでいます。
     
  • : 飛行機の操縦には2名から3名のパイロットが必要とされています。これは飛行機を安全に運航させるにあたって多種多様な要因を正確に掴み取り適切に判断するには一人では到底無理なことなのです。したがって、各個人が緊急時も沈着冷静でかつお互いに信じあい補いながら緊急事態を切り抜ける精神力と協調性が必要とされるのです。技能審査の中にはシュミレーターによる多重緊急事態(急病人のための緊急着陸時に着陸空港の悪天候および無線使用不可等)における精神安定性等の審査も含まれている。

               
 

V1・VR・V2

  • ドラマの中でキムタクがテイクオフするときに必ず口にする言葉に“V1”, “VR”, “V2”があります。これは飛行機の速度を表し、以下のような意味があります。
     
  • V1 : これは、滑走路上を飛行機がスピードを上げていき、この速度を超えると、たとえ緊急事態でも離陸を取りやめることが出来ない。緊急停止しても残された滑走路が少なすぎてオーバーランしてしまうからだ。
     
  • VR離陸可能速度。これは、滑走路上を飛行機がスピードを上げていき、この速度に達すると操縦桿が引かれ、機首が上がり前輪が滑走路から離れ始める。
     
  • V2 : これは、飛行機が完全に滑走路から離れ、離陸時に伴う機体の不安定さから開放され、安全にさらなる上昇をすることが出来る速度。