Staff Education Systems presents
Produced by e-study.com


| Home | Dentist | Staff | Smile | PDF | GoodLuck | e-mail |

 
 

通常、旅客が外国に渡航する際、基本的には【有効なパスポート】と【有効なビザ】が必要となっています。(ここで言う【有効】とは、有効期限が何ヶ月残っているか、等
幸い日本国籍所持者は、渡航時にビザが免除されている国(北米地域やほとんどの欧州など)が多く、あまりパスポートやビザの重要性を理解していない旅行者が多いようですがチェックインの際、航空会社によるチェック(パスポートの無効やビザ不所持等で旅客を搭乗させてしまうと、旅行者に代わり航空会社が罰金を払わないといけません)で、パスポートやビザ等の不備が見つかり、土壇場で旅行が出来なくなる事もまれにあります。本来なら、事前に旅行会社が予約の際にチェック

 

をするのですがそれを失念したり、また旅行者自身が事の重大性を理解せず、旅行会社に適当に答えているケースも有ります。
もし、チェックインの際のチェックでもビザ等のチェックを怠り、そのまま飛行機に乗ってしまったら、旅行者は到着地で【強制送還】になり、折り返し便で帰ってくることになり、当然チケット代はパー、最悪の場合はブラックリストに載り、その国には1年間渡航できないケースもあります。また、航空会社は高額な罰金を支払わなければなりません。

しかし、パスポートのICチップにパスポートの有効性やビザのデーターを入力することにより、未然に防げるのです。