Staff Education Systems presents
Produced by e-study.com


| Home | Dentist | Staff | Smile | PDF | GoodLuck | e-mail |

 
 

旅客が飛行機に乗り遅れるのには2種類あります。1つはチェックインの締め切りに間に合わない事で、もう一つはチェックインした後、飛行機の出発時刻になっても搭乗口に来なかった時です。
後者の場合は飛行機に搭載している搭乗者数及び搭乗者名簿、座席表の訂正や、預け荷物を飛行機から取り降ろさなければならず、飛行機の出発遅れにもつながります。
これを避けるために、出発時間まじかになると、グランドスタッフは飛行場の中を走り回り大声を張り上げ、旅客を探し回っています。 この職員に掛かる費用は馬鹿になりません。
もし搭乗券(ボーディングパス)にICチップを貼り付け信号受信機をゲートのコンピューターに

 

連動さすと、レーダー探知機のように、まだ搭乗していない旅客の現在地が分かり、また空港のセキュリティーカメラにも連動することが出来るなら、現在地をモニターでさらに明確に確認する事が出来るようになります。
プライベート上の問題等、解決しなければならない問題はありますが、現在、成田や関西空港で暗躍している、不正入国者の搭乗券取替え事例なども防ぐことが出来るようになると思われ、航空会社への負担が大幅に減り、経費の削減が可能になってきます。

【読売新聞スクラップ1】   【読売新聞スクラップ2】